イタリア 男性 ファッション 着こなし

イタリア男性のファッションに見るモテる着こなし

スポンサーリンク

イタリアはメンズファッションに於いては世界的にも評価が高く、フランス、イギリスとはまたひと味違う独自のテイストを保持しています。
ブランドで見るだけでもそれは伝わってくるものがありますし、何年かに一度は必ずトレンドの核としてモテはやされるのも、その歴史や感覚の良さが根底にあることを証明しているかのようです。


初めて訪れたイタリアで忘れる事ができないシーンがあります。
ミラノでどこかいい店が無いかと歩き回り、一軒の店に入りました。
そこはオーナー一人で切り盛りするセレクトショップ、狭い店内でしたがセンスの良いヨーロッパ各地のブランドがピックアップされていました。
例えばニットならアイルランド製、靴ならイギリス製、ジャケットは本国イタリアといったふうに、なかなか目の肥えたセレクトでした。

スポンサーリンク

私が感激したのはその接客です。
丈の短いコートを羽織った時、そのオーナーは後ろに廻ってコートの襟をさり気なく立ててくれます。
何でも無い動作ですが、日本での接客ではそういう事は少ないのです。
まるで、こうやって着ないとこのコートはかっこよくないんだよ、と無言で言われているような気がしました。
その時にイタリアの男性の色っぽい着こなしを一瞬学んだ気がしたのです。


さすがファッション先進国だという雰囲気がありました。
聞けばかなり有名なメゾンで企画をしていた経歴がある方でしたが、よく服の事を理解しているといった印象があります。
イタリアはそういうことが無意識に出来るおしゃれな人達がいるものです。
そんなお国柄ですので、発信されたファッションが似合う人がモテるのも頷けるものがあります。
彼らは自然にそういう振る舞いができるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加