男性 ファッション 外国人 学ぶ

外国人に学ぶ男性ファッション

スポンサーリンク

みなさんは、女性にモテる服装と言えば、どのような服装を思い浮かべますか。
ネクタイにハットを決めたホスト系か、または、オーバーサイズの服を着こなしたヒップホップ系でしょうか。
今あげた二つの服装は、現代はほとんど市民権を得ているとは言えません。
少しずつその要素を取り入れている格好ならまだしも、派手めなフルコーデはNGです。


今もっぱら男性の中で流行っているのは、ずばりシティボーイ系です。
細めの黒いパンツに、黒のジャケットに黒縁メガネなど、黒色を基調としたモード系であったり、色は遊びつつも全体的にシャープにまとめるスタイルが非常に流行っています。
それを良しとする女性はもちろんたくさんいますが、はっきり言って周りと差がつきません。
みんな同じ格好に見えるのです。

スポンサーリンク

それでは、人と差をつけつつも女性にモテるファッションとは何なのかというと、これは外国人のファッションだといえます。
外国人の服装いえば、ベッカムを筆頭に、数多くのハリウッド俳優、セレブたちが着こなしているように、シンプルな服装が多いです。
青いジーンズに白い無地のTシャツ、簡単に言えばこれで外国人風の男性ファッションは完成です。


しかし日本人と外国人が同じ格好をしても、なかなか同じ男らしさは出ません。
それはなぜかというと、体型の違いです。
けれどもこれは、いまからでも変えられる体型のことを指します。
外国人は、自らの体も服だと考え、筋肉トレーニングが日課となっています。
分厚い胸板に太い腕だからこそ、無地のシャツでも映えるのです。
まずは体を鍛えて、そして外国風ファッションにチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加